読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーマン投資家の貯金ブログ。

全財産のほとんどを株に突っ込んでいる、リーマン投資家のブログです。投資のこと中心にいろいろつぶやきます。

渋谷の「古代エジプト美術館」に行ってみた

先日渋谷を歩いていると、「古代エジプト美術館」なるものを偶然見つけました。

 

場所の渋谷のタワレコの交差点を挟んだ斜向いです。

こ~んな感じ(写真下)で、雑居ビルの1フロアを浸かっている美術館のようで、

「ここは本当に美術館なのか?誰が来るのか?誰が開いているのか?」などの、

いろんな疑問がふつふつと浮かび上がってきます。

f:id:sasetsu_u:20170131001445j:plain

 

まあともあれ、「気になったら潜入しよう!」ということで、実際に入ってみました~。

 

一応館内は撮影禁止ということで写真は載せられませんが、気になった方は以下のHPに館内の写真が少し掲載されております。

www.egyptian.jp

 

ビルの1フロアということで6畳の部屋が3部屋分(?)くらいの広さしかありませんでしたが、その中にエジプトの遺跡から発掘された陶器やマスクなどが展示されておりました。

なんでも、展示品のほとんどがプトレマイオス朝の時代のものらしいです。

 

展示品の目玉としては、エジプトのなんとかのピラミッドの柱の一部という、高さ1mくらい、直径2~3mほどの円柱型の石が展示されていました。

いやいやそんなのレプリカだろ~とか思ってたら、どうやら本物らしいということを美術館のスタッフさんが教えてくれました。

 

柱の周りにはエジプトの絵文字(ヒエログリフ)がたくさん彫り込んでありました。なんでも美術館のスタッフさんいわく、「王を崇めよ」というような言葉が彫り込んであるらしいです。

また、そのスタッフさんはエジプトについてやたらと詳しく、(完全に趣味らしいですが・・。)展示品について色々教えてくれました。

 

また、美術館には暗室が1室あり、その中にはモノホンのミイラが展示されているなど、とても雑居ビルの1室にあるとは思えない展示品が幾つか展示されている美術館でした。

 

この美術館の展示品は、全て個人の所有物らしく、その人が道楽で集めたものをほとんど趣味で公開しているみたいです。

また、美術館には私の他にも5~6人のお客さんがいましたが、会話を聞いている限り、エジプトマニア(?)のような人ばかりで、知る人ぞ知る美術館と言う雰囲気がプンプンしました。

全体の評価としては、展示品の数が少ない&入館料が1500円と、意外と高い。という2点に目をつぶれば、なかなかDEEPな雰囲気が楽しめる今までにない美術館でした~。

 

興味を持った方がいらっしゃいましたら、ぜひ!

スタッフさんもお喜びになると思いますよ~

 

総合評価★3/5