リーマン投資家の貯金ブログ。

全財産のほとんどを株に突っ込んでいる、リーマン投資家のブログです。投資のこと中心にいろいろつぶやきます。

ベトナム投資を真剣に考えてみた。①

タイトルで誤解させてしまったらスミマセン。当方ベトナムに関してはまるっきりドシロウトでございます。

 

突然ですが、なんでベトナム投資なんて考えはじめたかと申しますと、①「年末にベトナム(とカンボジア)に旅行に行くため、ちょっとベトナム知っときたいな~」という安易な考えと、②「まだ日本株投資しか知らないため、他の投資も知っときたいな~」と言う向上心がsasetsuを駆り立てたのだ。

 

ちなみに①についてだが、なんでベトナムカンボジア旅行に行くことにしたのかというと、死ぬ前に一度アンコールワットを見てみたかった!というのと、先日会った親戚が、ベトナムは飯が美味かった」と言っていたからである。

 

ちなみにアンコールワットはGoogleEarthでかなりしっかり観光できるらしい。

あの建物の庭みたいなところまで散策できるようになっているので、ぶっちゃけリアルで行かなくても全然あの遺跡を体感できるのだ。

ただ、そこはやはり実際にアンコールワットに行ってみたいと言うのと、カンボジアベトナムに陸路で入るのがちょっとおもしろそうだったので(陸路で国境を越えるのは初めてなのである。)、年末を使って旅行することにしたのである。

 

なお、②の理由についてだが、本当は投信や国債をやろうと思ったのだが、何故かやる気がしない。どうもああいうルールが複雑なモノは、金融業者がカモから金をむしり取るためのツールにしか見えなくなってきた。

やはり、純粋な株式投資がよろしい。ということで、日本株以外の外国株式に手を出してみたくなり、ネットで「ベトナム投資がいい」なんてフレーズを見てしまったので、すっかりその気になってしまったというわけ。

 

上記のような理由に加えて、ベトナムドン/円のレートもそこそこの位置に来ていたので、とりあえず調べてみるかな~と重い腰を上げたのだ。

(なお、今は投資しようとしても突っ込める円がない(泣)。実際に始めるのはボーナス入ってからにする予定。)

 

前段が長くなったが、そんなこんなでベトナム投資について調べた結果をいかに簡単にまとめてみました。

 

ベトナムの概要

正式名称は、ベトナム社会主義共和国。通貨はドン(ベトナムドン/VND)。
今は、1VND = 0.004774円くらい
人口は9,340万人。けっこう多いですね~。日本よりちと少ないくらい。
ちなみに、面積は32万km²これも日本よりちと少ない。(日本は37万km²)
人口密度は、世界10位の国である。けっこう多い!(日本は5位ね。)
なお、公用語ベトナム語。首都はハノイだけどホーチミンのほうが栄えているらしい。。。

 

■経済

人口の多さの反面、経済的には極めて貧しい国である。
GDPは、1,853億ドルで一人あたりのGDPは、2,052ドル。これは日本のどちらも1/20以下である。
それも今のうちだけなのか、ここ数年のGDP成長率はずっと5%を上回っている。
なお、この国には1日200円未満で生きている貧困層が国民の40%以上いるらしい。
最近は発展してきているイメージがあるけど、まだまだ伸び盛りの国なのかな?


ちょっと疲れたので、次に続きます。。。